オトカドールをオフライン稼働させる場合の注意点

こんにちは。

 

 

 

オトカドールはネットワーク接続が必須な(e-amusementをOFFにできない)ゲームですが、オフラインでも遊ぶことができます。

 

 

 

オトカドールをもし家に迎え、ネットワーク接続せずに遊ぶ場合どのような制限があるのか書いていきます。

 

 

 

①一部のライバルと対戦できない

 

 

 

例えば、アクト2のフェニックスルーナはフェニックスソーレに勝つことにより出現します。

 

 

 

また、本来であればふつうモードで勝つとホンキモードで対戦ができますが、それもできません。

 

 

 

もし、ライバルの演出を見たい場合はライバルカードを使って味方として使うしかできません。

 

 

 

②コーディネートが出来ない

 

 

 

バトル後のコーディネートも所持アイテムはネットワーク保存なので、コーディネートはできません。

 

 

 

また、コーディネート後の撮影を行うとカードが払い出されます。

 

 

 

オトカドールは用紙切れを起こすとゲームがプレイできなくなるので、お家に筐体を迎え遊ぶ場合はコーディネート画面でテストモードに入ってゲームを強制終了すると用紙の枚数を減らすことなく遊べます。

 

 

 

③ニャンドラのカギを使ったモードが遊べない

 

 

 

ショップなどでゴールドを使ったりはできません。

 

 

 

④アイテムカード等が使えない

 

 

 

ちゃおやファンブック付属のライバルカードでないプロモーションカードは使えません。

 

 

 

⑤名前を読み上げるとき「わたしちゃん」固定になる

 

 

 

ざっと上げるとこんな感じです。

 

 

 

基本的に今まで手に入れたカードを使って「あー懐かしいなー」といった気持ちに浸る筐体になります。

 

 

 

かなり多くのライバルと遊べないのはかなり大きいデメリットですが、せっかく入手したカードが使えなくなってしまうのはやはりさみしいじゃないですか。

 

 

 

ちなみに、オトカドールの最新バージョンはNCI:J:A:A:20190129XX(XXは0以上の数字)です。

 

 

 

バージョン名がNCHやNCJから始まる筐体のロムは専用筐体のロムなので、換装筐体に入れても起動しないのでご注意ください。(専用筐体と換装筐体ではマザーボードもライセンスキーも異なるものが使用されています。)

 

 

 

ちなみに、私の所有しているロムはバージョンがNCI:J:A:A:2017060701ですが、【Rav(レイジアゲインストバレンタイン)イラ】のクイーンレア(レ・フェニーチのライバルカード)がスキャンできたので、2017年6月7日以降に更新されたデータが入っていればほぼすべてのカードが使えるはずです。 

 

 

 

また、このロムはアクト2のPhase6で追加されたフェニックスソーレと対戦できます。

 

 

 

バージョンについてはタイトル画面左上に表示されています。(テストモードでも確認可)

 

 

 

基板や筐体を買われる際は確認しましょう。

 

 

 

それでは。

 

 

 

ラブベリのバーコードをTwitterにてExcelのファイル形式で無料配布しています。

ダウンロードの際、パスワードが必要となります。知りたい方はDMまでお願いします。

ラブベリのカード裏にも同様のことが書いてありますが、「個人で楽しむなどの場合を除き、カードやバーコードを無断複製しないで」ください。

 

Twitterはコチラ↓

https://twitter.com/kamui_kynn